美容・ネイルの情報サイト

Beauty chance
 

美容と洗顔

皮膚のサイクルはよくご存知だと思いますが、一般的には28日〜30日周期と言われていますが、これは年齢が比較的若い時期をさしていて、だいたい4週間〜6週間だと専門家の見解です。この皮膚のサイクルは1ヶ月〜1ヶ月半で、肌は絶えず生まれ変わっているので、古くなったいらない角質を適度に落としていくことが、次の皮膚が健やかに出てくるために必要なことです。

どんなお化粧でも、まずはじめは洗顔から始まります。清潔な皮膚への化粧であれば、効用も見た目も大きな効果を得られるのです。顔の汚れには、皮脂、ごみやほこり、垢、汗、化粧品があり、そのうち、ごみやほこり、垢、汗は洗顔料を使わなくても、水やぬるま湯だけで洗い落とることが出来ます。皮脂と化粧品は、脂成分のため、洗浄料で汚れを落としましょう。

ちゃんと洗顔をやらないと、肌のトラブルは顔が全体的にくすむ、シミができ始める、顔の皮膚がかたくなる、深いシワになる、いつまで経ってもニキビ跡がなくならないなどのことになってしまうのです。

◆ 乾燥に対応する洗顔料

洗顔料のタイプには色々な種類があります。
「洗顔」が大切だからと、肌がもともと弱い人が「石けん」を使って洗うお手入れに突然切り替えてしまうと、たちまち乾燥肌がひどくなって、化粧水がしみてオイルやジェル以外のものが、何もつけられなくなったりしてしまいます。弱い肌でない人でも長期間使い続けると同じようになってしまいます。「乾燥=シワ・小じわ」です。そして、化粧水などで水分の補給が行えないので、肌が自然にかたくなってしまいます。ひどくなると、ワセリンなどを塗らなくてはならなくなり、今度は「シミ」「くすみ」因にもなってしまうのです。

◆ ニキビに対応する洗顔料

脂性でニキビができやすいのに「弱酸性の洗顔料」を使っていて、ニキビが減らないで困っているというケースも多くあります。
このタイプの洗顔料は、洗った後のしっとり感を与えるために油分や保湿剤が多く含まれており、洗浄力もマイルドになっています。ニキビは自分の皮脂やメイクなどの油分、そして、洗顔料の油分が顔に残っていると、雑菌などが付着して悪化させてしまうので、ニキビがなかなか減らなくなってしまいます。
(水と油だとどっちがホコリがいっぱいつくかというと、油ですよね)
さらに、皮膚の表面に残る目に見えない油分は、過酸化脂質になってしまい、老化を促進させてしまうんですよ。そうなると、ニキビ跡はよくなりません。

ニキビには改善にはニキビケア。

◆ 洗顔料とクレンジングの違い

洗顔料は顔に付着した埃や汗などの水性の汚れを落とすものです。クレンジングは、皮脂や、メイクアップ料などの油性の汚れを落とすものです。ですから、役割が全く違います。

◆ 洗いすぎは注意

洗いすぎは皮膚にとって大切な水分を蒸発させるだけでなく、さまざまな刺激から肌をまもるバリア機能も壊しかねませんので気をつけましょう。

どんな洗顔料も、皮膚が薄い頬や目のまわり、口元などは洗顔料をよく泡立てて泡を転がすようにして洗わないと皮脂を取りすぎたり、摩擦で肌が痛んだりしてしまいます。

指先に力が入り、同じところを何度もなで回したり洗顔時間が長いのは肌トラブル(シミ、シワ、乾燥、肌あれ)の原因になるので注意しましょう。

◆ ダブル洗顔する?

ダブル洗顔は、クレンジングでメイクを落とし、さらに洗顔料で顔を洗うことをいいます。

メイクをしている場合は、クレンジングでメイクを落としたあと洗顔料で顔を洗うことがダブル洗顔の基本になります。

ダブル洗顔をしなければ、メイクやクレンジングの油分や汚れが肌の上に残ったままで、ニキビや湿疹などのトラブルの原因になることもあります

また、毛穴に溜まった皮脂が酸化されて、毛穴に炎症を引き起こすこともあます。これがダブル洗顔が基本といわれる理由なのです。

ダブル洗顔をする場合は、メイク落としは素早く済ませて、その後の洗顔で残った油分を落とします。

洗いすぎは刺激になり肌を守るバリア機能も壊しかねないので注意しましょう。洗顔料や洗顔石鹸選びも重要になってくるので、自分の肌質に合ったものを選びましょう。

◆ ダブル洗顔しない?

クレンジングさえしていれば、ぬるま湯ですすぐだけでも良いという意見があります。その理由は、「洗いすぎ」「落としすぎ」にあります。

洗いすぎてしまうと肌に必要な成分まで洗い落としてしまい防御する機能を失くして、乾燥や殺菌力が落ち過剰に皮脂を出したり肌トラブルを起こしてしまう場合があるからなのです。なので、クレンジングで汚れがきちんと取れていれば、洗顔料で洗う必要はなく、ぬるま湯ですすぐだけでいいということです。

ダブル洗顔をしない場合は、低刺激のクレンジング料で丁寧に落としすすぎだけで終わらせましょう。

◆ 洗顔料の選び方

クレンジングさえしていれば、ぬるま湯ですすぐだけでも良いという意見があります。その理由は、「洗いすぎ」「落としすぎ」にあります。

洗いすぎてしまうと肌に必要な成分まで洗い落としてしまい防御する機能を失くして、乾燥や殺菌力が落ち過剰に皮脂を出したり肌トラブルを起こしてしまう場合があるからなのです。なので、クレンジングで汚れがきちんと取れていれば、洗顔料で洗う必要はなく、ぬるま湯ですすぐだけでいいということです。

ダブル洗顔をしない場合は、低刺激のクレンジング料で丁寧に落としすすぎだけで終わらせましょう。洗顔料の選ぶポイントは『泡立ちの良い、刺激のない、洗顔後つっぱり感がない』ものを選ぶことが大切です。

どの洗顔料を選ぶかは、さっぱり、しっとりなど好み、肌質に合わせても違ってきますので、いろいろ試してみて自分に合うものを見つけるといいでしょう。

また役割が全く違うクレンジングと洗顔料です。一緒になったタイプの洗顔料は避けた方がいいでしょう。

洗顔の役目は「顔に付着した埃や汗などの水性の汚れを落とす」ことにあります。

正しい洗顔次第で化粧水の浸透力が違ってくるのです。

recommend

最終更新日:2014/11/12


beauty chance コピーライト